【沖縄料理】黒糖サーターアンダーギーの作り方|サーターアンダギーミックス使用

サーターアンダーギーミックスアイキャッチ沖縄料理

この記事は沖縄県民の管理栄養士がお届け!
Twitter(@mom栄養士)



 この記事では「沖縄製粉・黒糖アンダギーミックス」を使った作り方を解説します。

・サーターアンダギーミックスの作り方が知りたい

・手にベタついて上手く形が作れない

・30分生地をねかせなきゃいけないの?


この粉を使えば
サーターアンダーギーミックスだけ
15分あれば完成の時短レシピです。



サーターアンダーギ

丸いボール型のドーナツに似た「揚げ菓子」のこと。

沖縄方言:サーター=砂糖
    :アンダーギー=油で揚げたもの

沖縄県民はサーターアンダーギーのことを

「砂糖天ぷら」と呼ぶこともあるよ(^^)



 こういた疑問にお答えします

この記事でわかること
          

  • サーターアンダギーミックスを使った作り方・・
    【画像付き説明】
  • 手にべとつかない方法・・
    【手に油をぬりつける】
  • 30分生地を寝かす必要性・・
    【時間を寝かさなくてOK】




 縁起物として結納の品。

結婚式など祝い事でも親しまれる伝統お菓子






誰でも簡単に作れるレシピです。ぜひ参考にしてください!For you☆





スポンサーリンク

【定番おやつ☆サーターアンダギーミックスを使った作り方】

所要時間15分

カロリー :80kcal/1個(20g)
     :140kcal/1個(50g)

印刷する

サーターアンダーギーミックスアイキャッチ

 あわせて読みたい

材料

サーターアンダギー1

【直径4㎝×30個分】 

  • 黒糖アンダギーミックス 500g(1袋)
  • 卵 180g(L玉3個)
  • サラダ油 24g(大さじ2杯)
  • 揚げ油 適量

17個分の場合:直径6㎝(40~50g)
お店で購入した時の一般的な大きさ

作り方

卵をまぜる

サーターアンダギーミックス4

溶き卵にミックス粉を加え、粉気がなくなるまで混ぜる

サーターアンダギーミックス5

サラダ油を加える

サーターアンダギーミックス6

30分置くと粉と卵がなじむ。
※時間がなければそなまま揚げてOK

サーターアンダギーミックス8

手に油をなじませ丸める
目安:小さじ1杯くらい20g

サーターアンダギーミックス9

目安140℃~150℃
:鍋底に沈みゆっくり浮き上がる

サーターアンダギーミックス10

弱火~中火
浮き上がってきたら転がしながら8分~10分間揚げる。

サーターアンダギーミックス11

揚げ上がりの目安
:竹串でさして、串先に生地がつかなければOK

サーターアンダギーミックス完成

【備考】
直径4㎝の場合:30個できる
直径6㎝の場合:17個できる

サーターアンダギーミックス14

備考

生地20g:(小さじ1杯)

サーターアンダギーミックス12

生地20g:できあがり分量(30個分)

サーターアンダギーミック比較

生地40g:大さじ1杯

サーターアンダギーミックス13

生地40g:できあがり分量(17個分)

サーターアンダギーミックス比較2

ポイント

・揚げ油140℃の目安:生地をたらし鍋底から5秒かけてゆっくり上がる

・火加減を弱~中火で様子をみながら調整

代替え

【サーターアンダギーミックス】小麦粉


 あわせて読みたい

手にべとつかない方法


結論:手に油をぬりつけてから形をつくる

NG:そのまま

サーターアンダギーミックス15

OK:油をぬる

サーターアンダギーミックス9

30分生地をねかす・ねかさない?工程の必要性を検証


結論:30分寝かす必要はない

生地をねかす(30分)場合
●しっとり柔らかい仕上がり
●美味しい

生地をねかさない
●ボソボソ感がある仕上がり

検証の結果
確かに30分寝かした方がしっとり柔らかく美味しい

しかし・・

食べ比べない限り差は分からない。

時間がない方はそのまま揚げて問題なし!

管理栄養士のコメント

mom栄養士

カロリー

1個分(20g直径4㎝)80kcal

参考資料:日本食品標準成分表 2015



沖縄製粉公式ページ

80kcalの食べ物比較

ご飯50g(多めの2口)       84kcal
サーターアンダーギー50g(1個)140kcal
バター12g(大さじ1)       89kcal
食パン6枚切り30g(1/2枚)      80kcal

79kcalの運動目安(79kcalを消費する)

ウォーキング   30分
ジョギング    18分
自転車      12分
なわとび     9分
掃除       25分



揚げ菓子なのでカロリーも高めですね。

 ここに気をつけよう

  • 食べる時はお昼がおすすめ!
    活動量が多い時間帯に食べると消化吸収がアップ。
  • 一緒に合せるドリンクは無糖!
    無糖コーヒー・紅茶がおすすめ
てんさいオリゴ

 どうしても甘い飲み物が飲みたい場合は・・

砂糖の代わりにはちみつ・てんさいオリゴ糖がおすすめです。
(小スプーン1杯を目安に)

オリゴ糖はカロリーはありますが糖質として体のエネルギーになりにくく、摂取しても血糖値の上昇にほとんど影響しません。

子供の食べた感想

オリジナルだからパクパク食べます。
ただ、黒糖味よりプレーン味が好きみたい。

まとめ

サーターアンダギーミックスを使った作り方をご紹介しました。

この粉と卵だけで簡単に作れます!

揚げたてのサーターアンダギーはサクサク!

黒糖の甘さが美味しい!

お子様と一緒に作れるのも魅力(^^)

夏休みの思い出に

手作り郷土料理を体験してみるのはいかがでしょうか!

For you

 材料【直径4㎝×30個分】 

黒糖アンダギーミックス 500g(1袋)
卵 180g(L玉3個)
サラダ油 24g(大さじ2杯)
揚げ油 適量

 作り方

1卵を泡立て器でときほぐす
2溶き卵にミックス粉を加え、粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。
3サラダ油を軽く混ぜ合せる
430分ねかせるとミックスと卵がなじむ。
5手に油をなじませて生地を小さじの大きさ(20g)に丸める。
6140℃~150℃の油にそっと入れる
7浮き上がってきたらころがしながら8分~10分揚げる。
8竹串でさして生地がつかなければ揚げ上がりの目安

 カロリー

1個分(20g直径4㎝)80kcal

 あわせて読みたい

あなただけに解決策をお届けします。

レシピで何かお困りでしたら気軽にご連絡ください

ありがとうございした

コメント