しそジュースの作り方|砂糖の比較|夏がくる!夏バテ・疲労回復に効く|

紫蘇ジュースアイキャチレシピ

この記事は沖縄県出身の管理栄養士がお届けします

この記事では赤紫蘇ジュースの作り方とその栄養について解説します。

赤じそを発見!ジュースを作るのに必要な物はなに?
レモン?お酢?リンゴ酢?氷砂糖?

赤紫蘇・砂糖・酢の3品でOK

 この記事でわかること

  • しそジュースの作り方
  • 栄養・効能
  • 保存期間
  • 砂糖の比較

赤しそは6月~8月が旬!

梅雨の時期から梅雨明けには赤しそはスーパーから消える・・・。

夏の終わりや秋口(あきぐち)に

飲みたくなってもない・・。

だから

今の時期にせっせと作り貯めをして過しています(笑)

紫蘇ジュースで暑い夏を乗り切りましょう♪

For you




スポンサーリンク

しそジュースの作り方|砂糖の比較|夏がくる!夏バテ・疲労回復に効く|

所要時間 40分
カロリー 1067kcal/500ml

印刷する

材料

仕上がり500ml】

しそ材料
  • 水    1L
  • 赤紫蘇  300g/袋(葉のみ200g)
  • 酢・穀物酢100cc
  • 氷砂糖  250g

※3~4倍に薄めて飲むのがおすすめ
【3倍】紫蘇50ml:炭酸水150ml(10杯分)
【4倍】紫蘇40ml:炭酸水160ml(13杯分)

下ごしらえ

しそ下処理1

①赤紫蘇の葉っぱの部分を摘み取って水洗い
※砂や小さい虫がついているのでたっぷり水を溜めて何度も洗い流す

②十分に洗えたらぎゅと絞って水分をきる

作り方

①沸騰したお湯に3回ほどに分けて入れる※一度に入れるとキレイに色がでにくい

しそ1

緑色に変わり、汁が赤くなる


しそ2

1回の目安:ひとつかみ強


しそ3

②赤紫蘇から色が出て沸騰して約1分ほどたったら葉っぱだけを取りだす

しそ4

ザルに取り出しておき、冷めたら手でギュッと絞ります。その汁を鍋に入れます。

しそ5

キッチンペーパーをしいたザルで裏ごしする※虫や砂があるので必ずペーパーをしく

しそ6

アントシアニン~!!
ザルに取った葉っぱは捨てないでね。

※虫や砂がついている恐れがあるので必ずペーパーをしいてこす

しそ7

一度キレイに洗った鍋に赤しその汁を戻し氷砂糖を加えます

しそ8

中火から強火で汁の量が半分になるまで煮詰める(20~30分)

しそ9

汁にとろみがついたらお酢を加えてさらに5分

しそ10

お酢を入れると色が鮮やかな色に変わる

しそ11

☆完成☆そのまま冷ましてから容器に移し保存する

しそしあがり

※保存瓶が濡れていたらカビの発生につながる(><)
しっかり乾かすのがポイント!

ポイント

・紫蘇の葉っぱを十分に洗う

・キッチンペーパーをしいたザルで裏ごす→虫や砂を取る

・トロミがつくまで煮詰める

保存期間
        

・常温(冷暗所)で約半年
・冷蔵庫で約1年間
※容器をしっかり乾燥させて滅菌した場合
※砂糖を分量どおり入れた場合 

砂糖の量に注意
         


【穀物酢・クエン酸】水1リットルに対し250g以上
【りんご酢】水1リットルに対し160g以上

※砂糖が少ないとカビやすくなります。

参考資料:KAGOME

しそジュースの栄養成分

カロリー
500ml(全量)  1067kcal

10ml(3倍希釈) 106kcal

参考資料:日本食品標準成分表 2015

カロリー食べ物比較
紫蘇ジュースl(原液10ml) 106kcal
コカコーラ200ml    92kcal
オレンジジュース    82kcal
アクエリアス200ml   28kcal

106kcal運動の目安
ウォーキング 40分
ジョギング  20分
自転車    15分
なわとび   10分
掃除     30分

※栄養価も高いですが、砂糖もたっぷり!意外とカロリー高め!

健康のためと大量に飲むのは危険ですね!1日1杯を目安に

栄養・効能|赤紫蘇と酢

赤紫蘇】

ビタミンB1,B2、C、E、鉄分、カルシウムなどが含まれる。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富!

【酢】

・酢酸は、唾液や胃液の分泌を促し、食欲を増進させる作用

・クエン酸は、ビタミンCの吸収をよくするのでシミ・シワの予防にGood!
(酢酸は体の中でクエン酸にチェンジ)

・アデノシンは血管を拡張させる作用。血流がよくなり、血圧を下げるので、血圧が高めの方にもおすすめです。※取り過ぎも胃を痛めるのでスプーン1杯/1日を目安

赤紫蘇×酢|栄養・効能

【夏バテ防止】
・疲労回復
・食欲増進

【胃もたれ防止・腸活】
・胃液の分泌をUp↑
・消化吸収を助ける
・胃腸の蠕動(ぜんどう)運動をサポート
・便秘の改善

【疲れ目防止】
・ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富
・疲れ目や視力の向上

【美肌】
シミ・シワ予防

美肌になれるドリンク!嬉しいですね(^^)

砂糖の比較

【氷砂糖】

  上白糖・・・・・しっかり甘い
  グラニュー糖・・すっきり味
  きび糖・・・・・コクがある

【酢】

  リンゴ酢・・酸っぱさが和らぐ&風味良い
  クエン酸・・1リットルに対して12g

まとめ

本記事のおさらい
           

①作り方

・葉っぱは良く洗う
・砂糖の分量に気をつけて(カビ)
・砂糖を入れたら水分が半量になるまで煮詰める

②紫蘇ジュースの栄養・効能

夏バテ防止、胃もたれ防止、疲れ目防止、美肌など・・

③保存期間

半年から1年保存
もしカビが生えたら廃棄しましょう!
砂糖の分量や保存容器に水分がついていた可能性があります。
次回気をつけて再チャレンジ(^^)v

④砂糖の量に注意
※砂糖が少ないとカビやすくなる
クエン酸・穀物酢で作る場合:水1リットルに対し250g以上
りんご酢で作る場合    :水1リットルに対し160g以上

⑤希釈率
※3~4倍に薄めて飲みます
【3倍】紫蘇50ml:炭酸水150ml(10杯分)
【4倍】紫蘇40ml:炭酸水160ml(13杯分)

赤しそは6月~8月が旬!

爽やかなスッキリとした紫蘇ジュースをご紹介しました。

暑い夏だからこそ

栄養価が高い赤紫蘇ジュースを飲んで

夏バテ予防

上手に健康管理していきましょう♪
For you

mom栄養士

【こんな人がかいたよ】

mom栄養士
Twitter:子育て・沖縄料理を発信
ブログ村:ランキング参加中!1票をありがとう☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました

あわせて読みたい

コメント