沖縄フーチャンプルー(麩の野菜炒め)レシピ!ふんわり食感に旨みが染みこむ味

フーチャンプルーサムね沖縄料理

沖縄出身の管理栄養士がお届けします

こんにちは。まま栄養士です。

フーチャンプルーとは?
車麩を使った野菜炒めのこと。

車麩・スパム缶・たっぷりな野菜をサッと炒めた野菜炒めです

沖縄では車麩は100円位で購入できる食材。

沖縄を代表するチャンプルー料理の1つです。

それでは、フーチャンプルーを紹介します。

車麩に卵を絡ませて焼くと麩がふんわり食感になるから不思議!

スポンサーリンク

【沖縄料理】フーチャンプルー(麩の野菜炒め)のレシピ

材料はこちらをご覧下さい。

<材料>

フーチャンプルー(麩の野菜炒め)

<材料・2人前>

車麩(大きめの麩でも可)・・・60g(1袋)

スパム缶・・・150g

卵・・・2個

野菜ミックス・・・250~300g

かつおだしの素・・・8g(大さじ1)

塩・・・1g(小さじ1/3弱)

こしょう・・・少々

サラダ油・・・6g(大さじ1)

・水・・・150ml

※野菜ミックスの内容は、ご家庭にある野菜で代用可能です。
キャベツ200g・人参50g・玉葱50g・もやし・ニラなど。


<作り方>

所要時間:10~15分

➀麩を水に浸して戻し(1分程度)、水気を絞ります。そこへ卵を加えて手で混ぜ合わせます。

②フライパンに油(大さじ1/2)を熱し、麩を両面に焼き色がつくまで焼いたら一度、皿へ取り出します(中火で3分~5分)。

③同じフライパンにスパムを両面焼き色がつくまで焼きます(強火2~3分)。

④野菜を加えて、野菜の表面にツヤが出てきたら塩、こしょう、だしの素、水150ml加えて軽く火が通るまで炒めます(強火で1~2分)。

⑤麩を戻し入れ、水分を飛ばすように炒めます。麩が汁を吸込み汁が減ってきたら完成です(強火2~3分)。

※水を入れるのがポイント

【画像付きで解説】フーチャンプルーの作り方

画像を使って作り方をご紹介します。所要時間は10分~15分程度です。
ご覧下さい。

液卵につけた麩を最初に焼くことでふんわり美味しい食感になるよ。

フーチャンプルー1

2人分の材料です。野菜ミックスを使用の場合は水洗い不要でより簡単に作れます。

スパムは1㎝幅に6~7等分に切り2~3枚使用します。さらに1㎝幅の短冊切りにします。


フーチャンプルー7

↑車麩は手で大きくちぎります。


フーチャンプルー8

↑水で戻します(1分)


フーチャンプルー13

↑柔らかくなったら手で水気を絞ります。


フーチャンプルー14

↑卵を2個加えます。


フーチャンプルー15

↑手で混ぜ合わせます。


フーチャンプルー16

↑戻した麩と卵の状態はこのようになれば大丈夫です。


フーチャンプルー17

↑フライパンに油(大さじ1/2)を熱し、麩を両面に焼き色がつくまで焼いたら一度、皿へ取り出します(中火で3分~5分)。余り触らないで下さい。


フーチャンプルー18

↑焼き色がついたらひっくり返し反対側も焼き色がつくまで焼きます。


フーチャンプルー6

↑同じフライパンでスパムを焼きます。両面に焼き色をつけます。

フーチャンプルー9

↑野菜を加えて強火で炒めます(30秒~1分)。野菜の表面にツヤが出てきます。




フーチャンプルー10

↑野菜の表面にツヤが出てきたら塩、こしょう、だしの素、水150ml加えて軽く火が通るまで炒めます(強火で1~2分)


フーチャンプルー12

フーチャンプルー19

↑麩を戻し入れ、水分を飛ばすように炒めます。
麩が汁を吸込み汁が減ってきたら完成です(強火2~3分)。

かつおだしと野菜からでた旨みの水分を麩が吸込みます。

フーチャンプルー19

↑完成図


フーチャンプルーサムね

↑お好みで万能ねぎを散らすとより彩りが綺麗になります。


商品のご案内

こちらに紹介した「麩(ふ)くらむ圧縮麩」は、圧縮されているので持ち運びや保存場所を取らないのでおすすめです。

もちろん味はつぶれていないタイプの味と変わらず美味しく頂けます。

【かりゆし製麩】麩くらむ圧縮麩 8本入(直火焼きお得用) │ふくらむ麩 膨らむ麩 車麩より便利 沖縄土産│

価格:731円
(2021/2/2 15:43時点)
感想(12件)

車麩がない場合:代替え品をご紹介します

車麩が購入できない場合は、大きめの焼麩で代用できます。

フーチャンプルー5

↑麩くらむ(やきふ):沖縄のお店で購入できるポピュラーな商品。


フーチャンプルー3

↑麩レンド(やきふ):沖縄の沖縄のお店で購入できるポピュラーな商品。


フーチャンプルー4

↑車麩:関東のお店で購入できる麩。関東では、沖縄県産の麩は購入できませんでした。


フーチャンプルー2

↑麩一(焼麩):関東のお店で購入できる麩。関東では、沖縄県産の麩は購入できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は沖縄で人気のフーチャンプルーをご紹介いたしました。

先に麩を卵でコーティングし焼くので、ふんわり食感になります。

炒めた野菜と焼いた麩を合わせることで野菜から出た旨みを麩が吸い取ります。

一口噛むことにジュワジュワ~と旨みを感じる絶品料理!

是非お試し下さい。

mom栄養士
プロフィール

【こんな人がかいたよ】

まま栄養士

Twitter:子育て・沖縄料理を発信

沖縄料理教室:ZOOMオンラインレッスン開講しています。

ブログ村:ランキング参加中!1票をありがとう☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

スポンサーリンク
沖縄料理が作れるようになる!オンライン教室のお知らせ

この講座は少人数制!あなたのペースで作るので安心して受講できます。沖縄県外でも購入できる食材を使ったレシピをご案内しております。本格的な沖縄料理がたった1時間で3品作れますよ。
【特典】➀無料テキスト②無制限の質問でサポート
めんそ~れ沖縄!

沖縄料理
まま栄養士☆沖縄料理キッチンLife

コメント