【徹底比較】胸焼けしない生クリームの選び方|純生クリームと脂肪分35%

レシピ

この記事では胸焼けしない生クリームの選び方、ポイントを徹底比較します。


悩み

・家で作る生クリームだと胸焼けしてしまう。
・お店の味にならない。
・生クリームの種類が多くて何を選べばいいのか分からない。



解決
胸焼けしない生クリーム「純生クリーム」 

胸焼けの原因は原料の違いにあります。
商品のパッケージや裏の成分をチェックしましょう!

3つのポイント
パッケージの表示をチェックして選ぼう!

  1. 純生クリーム
  2. クリーム(乳性品)
  3. 乳脂肪分35%~44%

胸焼けを避けたい方は 「ホイップ」、「植物性脂肪」を避けましょう!



同じように見える生クリームですが、「生クリーム」と「ホイップクリーム」の違いをご存知ですか?

詳しくご説明いたします。ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

胸焼けしない生クリームは「純生クリーム」を選ぶ

「純生クリーム」はパッケージの表示されています。

ここをチェック!

パッケージの表:純生クリーム

パッケージの裏:クリーム(乳製品)


「生クリーム」と「ホイップクリーム」の比較

商品のパッケージは画像を参考にチェックして下さい。

チェック =胸焼けしない生クリーム

▲ホイップクリーム(×)

▲純生クリーム()

▲純生クリーム()

種類別表示原料脂肪分値段使い方
ホイップクリーム乳又は乳製品を主要原料とする食品植物性脂肪、植物性脂肪+動物性脂肪30%~44%100円位乳化剤・安定剤を添加。クリームが崩れにくく、真っ白
純生クリーム クリーム(乳製品)動物性脂肪35%~48%350円位・プリンなど軽い感じに仕上げるときは35%前後・デコレーションやコクのある味に仕上げるときは45%前後

生クリーム(胸焼けしにくい)の特徴

特徴

表示: クリーム(乳製品)

原料: 動物性脂肪

脂肪分:35%~48%

特徴: 牛乳のコクと旨みがある

    35%前後:プリンやムースなど軽い感じに仕上がる

    45%前後:デコレーションやコクのある味に仕上がる

値段: 高い(350円~500円)

ホイップクリームの特徴

特徴

表示:  乳又は乳製品を主要原料とする食品

原料:  植物性脂肪、植物性脂肪+動物性脂肪

脂肪分: 30%~44%

特徴:  乳化剤・安定剤を添加。クリームが崩れにくい。真っ白

値段:  安い(150円位)

【種類別で検証】生クリームの味と胸焼けランキング

生クリームの比較
表【種類別で検証】生クリームの味と胸焼けランキング
商品名植物性40%
(雪印メグミルク)
動物性35%
(タカナシ)
動物性45%
(Fresh Cream)
値段130円~350円~500円~
胸焼けしにくい3位(胸焼けする)1位2位
あっさり牛乳のコク〇牛乳のコク◎
所要時間6分:
ミキサー4分
+泡立て器2分
4分:
ミキサー3分
+泡立て器1分
2分30秒:
ミキサー2分
+泡立て器30秒

私が感じた感想を表にまとめました。
検証者は30代女性(本人)、30代男性、5歳、7歳の子供の5名です。
子供達でも「これはお店の味だ!」と違いが分かるほど、味に差がでます。

 種別で検証した結果のまとめ

  • 値段は植物性のホイップクリームが安い
  • ホイップを作る所要時間は動物性脂肪率が高い方が早い。
  • 味は動物性45%が牛乳のコクを感じ美味しい

まとめ

3つのポイント
ーーーーーーーーーーーーー

パッケージの表示をチェックして選ぼう!

・純生クリーム
・クリーム(乳性品)
・乳脂肪分35%~44%


※胸焼けを避けたい方は 「ホイップ」、「植物性脂肪」を避けましょう!

この記事では胸焼けしない生クリームの選び方、ポイントを解説しました。

上記にまとめたことに注意して商品を選べば、胸焼けしない生クリームが作れます。

胸焼けしにくい生クリーム=純生クリーム

これだけ覚えておけば大丈夫です!

美味しいお菓子作りを楽しんで下さい。

あわせて読みたい

mom栄養士
プロフィール

【こんな人がかいたよ】

mom栄養士
Twitter:子育て・沖縄料理を発信
ブログ村:ランキング参加中!1票をありがとう☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました

コメント